江戸小紋や京友禅は特徴の違う着物で着物買取に売れます

着物は日本の心ともいえるべきものですが、関東と関西で好みが分かれている特徴があります。 着物は種類が多く、小紋は繰り返している模様の型染めを行った反物で、全体に細かい模様があることが名称の由来となります。

訪問着や附下などが肩が上になる模様付けがされているのに対して、小紋の場合には上下の方向に関係なく模様が入れられています。染め方の方法によって、江戸小紋や京小紋などの種類に分けることができます。

京小紋は、京友禅の本来持っている派手めの柄と型染めを合わせ持っている着物で、単色染めが行われていて絹だけで作られる江戸小紋とは大きく特徴がことなります。

京小紋は多色染で、いろいろな生地が使用されている着物で、柄ひとつを取ってみても江戸小紋よりも大きく、具象柄が多いです。そのために華やかな印象を与えることができる小紋で、江戸小紋の場合には抽象柄が多くなります。

江戸小紋は江戸時代より、大名が着用していたと言われている裃の模様が元となっている着物で、お互いを競うように豪華になったために江戸幕府より規制がされた歴史を持っています。

そのために、遠くから見ると無地に見えるような細かい模様が使用されるようになり、高度な染色技術が必要になります。 このように関東と関西で着物の好みは違いますが、産地として特徴のある着物については高い価値を持っていると判断されます。 著名な産地で作られた着物を使っていないときには、着物買取店に売却することで高額な買取価格を付けてもらえることが期待できます。

有名作家の着物や有名産地のものを着物買取店に売却するときには、価値を証明するための証紙を付属させておくことが大切になります。

証紙があるのとないのとでは、着物買取店での査定結果が大きく変わってきますので、品物と同じように証紙についても大切に保管しておくことがおすすめです。

着物はデリケートな品物ですので、着物買取店で高い評価を受けるためには、保管方法にも気を遣う必要があります。 着物を保管する場所は一般的なタンスよりも、桐タンスや和ダンスなどのような湿気が溜まりにくい作りのものが良いとされていて、品質を維持できるので着物買取店での査定を良くすることにつながります。

着物は湿気の影響で変色したり、色落ちする可能性がありますし、絹やウールでできているために虫食いの被害に遭うことにも注意しなければなりません。

日頃からタンスの引き出しをこまめに開けておくことや、季節ごとに虫干しすることが湿気や虫食いの被害を予防できる有効な方法となります。

タンスの中に防虫剤を入れておくことも良い方法と言えますが、臭いが付くことも考えられますので多く入れないようにしましょう。