着物まめ知識

今の時代では着物はあまり日常的なものではありません。普段は洋服、特別なときにだけ着物という方の方が多いでしょう。普段あまり縁がないものだけに、着物に関する知識に触れる機会も減っています。しかし覚えていないと損をする、覚えていると得するちょっとした着物まめ知識というものは多くあります。ここではそんな、ちょっとした知識のいくつかを紹介します。興味を持ったけど、お値段が高くてなかなか手が出ないという人もいるでしょう。

実は着物にも、古着屋があります。リサイクル着物とも呼ばれていますが、そういったところであれば、良いお品の着物が案外安く買えるのです。もともと着物は、母から子へと受け継がれることもある、保存性の高いものです。リサイクルでも、保存状態が良いものならば十分に綺麗に着ることができるでしょう。その際注意する点は、身丈と身幅です。身丈とは肩の線から裾までの長さ、身幅とは胴回りとヒップのサイズに相当するところです。この二箇所は仕立て直すとなると高額になってしまうので、この部分が自分に合うものを探すようにしましょう。

袖は比較的小額で直せるので、こちらは合わなくてもさほど気にする必要はありません。購入前には、自分はどういった場面で着たいのかをきちんと考えておく必要もあります。今では着物を普段着にする人は減りましたが、もともとは人々の普段着でした。つまり、普段着る用のものと正装用のものがあったのです。もちろん、正装の場合にはその中でもさらに違いが出てきます。結婚式用やお葬式用を思い浮かべてもらうとわかりやすいでしょう。

普段から使うようにして着慣れたいということであれば、絣(かすり)のものを買うといいでしょう。これはウールを使用し、格子や絣柄に織られたものを指します。軽くて動きやすいうえにお手入れも非常に楽なので、まさしく普段着に相応しいものです。もちろん、普段着ですからこれを着て厳粛な場に出るのはNGです。そういった場にはそういった場に相応しいものがあります。そういった正装、フォーマルの着物が、留袖や振袖です。振袖は未婚女性の、留袖は既婚女性の正装となります。また、その中間というものももちろん、存在しています。洋服で言えばちょっと出かける際のお洒落着、といったところでしょうか。訪問着や色留袖、色無地などがそれに辺り、略礼装として着ることができます。着るべき場所を理解しないと、せっかく買ったのに着る機会がないということにもなりかねませんので、買う前に店員に尋ねるか自分で学ぶようにしましょう。