高価買い取りの可能性が高いもの

昔は似合ったけど今は派手すぎてしっくりこない、最近着る機会がめっきり減ったなど着物を着なくなった人が多いと思います。私もういい年なのに成人式に着た振り袖は着れないですし、子供が独立したあとは、お宮参り、七五三、学校への保護者参列などの行事もなくなり冠婚葬祭は洋服をで参列するようになったので和服を着なくなりました。和服をこのままにしておくのは勿体無いと考えていたところ近頃の和装品ブームもあり着物買取が活性化しているという話しを聞いて、手持ちの和装品を売却しました。

この時の経験から買い取りサービスを利用する時の注意点を説明したいと思います。和装品の高価買い取りの可能性が高いものは、品質の高い生地を使った物と状態の良い物です。生地に関しては購入した時に目的や予算に応じて買うものでしょうから今更しかたがないのですが、状態に関しては日ごろの管理により変化します。正しい保管方法でしまいましょう。

具体的には、正しくたたむこと、一枚づつたとう紙に包んで保管すること、湿気のない所に置くこと、防虫剤が触れないように置くことです。湿気の篭もりづらいタンスの上段に重ねすぎないようにしまいましょう。そして定期的に虫干しします。晴天の続いた冬の日に風通しの良い部屋で干します。日光に当てないように注意しましょう。春や秋でも乾燥した日なら虫干しも可能です。いざ売るとなっても和装品専門の買取業者のお店が何処にあるか分からないかもしれません。

最近では新聞の折込チラシに入ってくることがありますので探してみましょう。和装品に詳しくないリサイクル店では不当な安値を提示してくることがあるので注意が必要です。地元で買取店が見つからない場合はインターネットの和装品買取サイトを利用しましょう。検索すればいろいろ出てくるはずです。買取サイトでは24時間受け付け、査定料金無料で店への送料も無料のお店があります。取引が不成立の場合の返送料金が無料の場合が多いです。

買取サイトによっては出張査定を無料でおこなっているところまあります。ですから遠慮せず複数のお店で査定して有利なお店で買い取ってもらいましょう。売るだけでなくて買うことも出来ます。古い和装品は新品よりもずっと安いのでうまく活用するといつも色や柄の違った和服を楽しむことが出来ます。この時の注意点は自分の寸法を把握しておくことです。洋服の何号とかSMLのような業界共通のサイズはありません。反物から個人向けにあつらえたものが多いのです。自分にあった物が見つかるかはタイミング次第でしょう。専門買取店なら虫食いやシミなどの状態が悪いものを取り扱っていることは少ないですが心配なら問い合わせましょう。いかがでしょうか和装品専門買取店を活用して着物ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。