高価買取のコツ

みなさん最近着物を着たのはいつだったか思い出せますでしょうか。私の場合最後に着たのは子供が高校を卒業したときに保護者として参列した時以来着ていません。結婚式やお葬式は洋服で出席しています。急いでいる時は洋服が便利ですからどうしても和装品は敬遠してしまいます。もう着ないのにこのままタンスにしまったままですと生地が傷んでしまう可能性があります。手入れも手間がかかりますから、和装品を大切に着てくれる他の人に譲ったほうがいいと考えて和装品買取業者に売却しました。

その時の経験から高価買取のコツを説明します。高価買取のポイントは3つあります。有名作家作品または伝統工芸品と認定されている証明である証紙が付属するもの、丈の長いもの、保存状態が良いものです。証紙とは仕立てた時のはぎれか大島等を記載した紙か布です。なぜ丈が長いと高値が付くのかですがズバリ人気だからです。現在の主流となっています。証紙と丈の長さは今更どうすることも出来ないのですが保存状態については持ち主の日頃の手入れで価値がいかようにも変化します。

正しい保存方法を守ってしまってください。きちんとたたむこと、個別にたとう紙に包むこと、湿気をさけること、防虫剤は一種類にして隅に置くことです。虫干しもすると大変効果的です。次に売却先の買取業者ですが最近は新聞の折込チラシで見かけることがあります。近所ならそのお店に出向いても良いと思います。でもインターネットで和装品専門買取サイトを調べてそこで査定を受けてみるのも良いでしょう。

口コミで評判のお店を幾つかはしごしてみるのも良いかもしれません。和装品買取サイトでは殆どの場合査定と送料が無料です。もし査定後の売却取引きが不成立だった場合でも返却送料は無料が多いようです。ですから査定金額に不満があるならば遠慮無く返してもらいましょう。この時調べた査定相場を元に地元の買取業者と交渉しても良いかもしれません。間違っても和装品専門でないリサイクルショップや古着店に持ち込まないようにしましょう。

売却相場や専門の流通先がないなど取引きの慣習自体が和装品専門店とは違うことがあります。ちなみにお店によっては古着着物を販売しています。新品よりも格安ですから利用してみると良いでしょう。自分の寸法を測っておくことも忘れないでください。和装品の多くは反物からあつらえてありますから既成品のサイズという概念はないと言っていいでしょう。シミや虫食いなどは専門店なら心配する必要はないです。ぜひ着物買取を利用してみてください。