買取の流れ

着物というのは高価なものですから、もし着ることがなくなってもただ捨ててしまうというのは勿体なく感じるものですし、そんな時こそ着物買取を利用するのが賢い選択です。買取の流れは会社によって異なりますが、おおむね同じですし簡単なものが多いので不要な着物があればぜひ利用することをおすすめします。まず買取の際は買い取ってもらう会社選びから始まります。インターネットや電話帳などにも掲載されているので距離が近いところや有名なところ、信用できそうだと感じたところにまず連絡をします。

電話やメールで連絡をすると、査定方法を選択することになりますが、会社の担当者が直接家を訪れて査定してくれるパターン、段ボールなどに入れて自分自身が依頼先の会社に着物を送って査定してもらうパターンに分かれます。まずは査定が高額になる場合ですが、あまり着ておらず、クリーニングなどを行ったことがない綺麗な状態の物などは高額査定になる可能性もあります。大きいサイズの物も供給が少なく需要が高いため高額の評価をもらえることがあります。ここからは限られたものになりますが、有名な作家による作品や伝統工芸品などはそもそもが高価ですから買取の際もかなり高額になります。

購入先も重要なポイントになり、伝統ある呉服屋や老舗での購入、百貨店の展覧会なども高額査定の対象になります。もしもこうした品を査定してもらう場合さ先に説明するのも良いですし、証紙がある場合は準備しておくとスムーズに事が進みます。逆に査定してもらえなかったり、査定額が極端に低くなる場合はキズや汚れが大きく影響していると考えられます。クリーニングに出しても落ちないような汚れがついてしまっていたり、色落ちなどでもう一度染め直す必要があるもの、虫に食われて穴があいているものなどは評価すらされず引き取りを今日火される場合もあります。

しかしどの会社でも引き取ってもらえないというわけではなく、会社によっては無料で引き取ってくれる場合もありますし少額でも査定額を提示してくれる場合もありますので、査定はいくつかの会社に依頼しておいた方が安心と言えます。査定額が算出されたらあとは買い取ってもらうだけになります。身分証明書や証紙を提出し、着物と引き換えにお金を受け取って買取は終了です。案外簡単ですし、購入した時より価値がついている可能性もありますから、着物はすぐに処分してしまうのではなくこうした買取制度をうまく活用した方が自分にとっても新しく着物を買おうとしている人にとっても良いのです。